メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

「袴田事件」不公正な再審棄却=小川秀世・袴田事件弁護団事務局長

小川秀世・袴田事件弁護団事務局長

 東京高等裁判所は6月11日、いわゆる袴田事件第2次再審請求事件について、検察官の即時抗告を入れ、静岡地裁の再審開始決定を取り消す決定をした。

 2014年3月27日、静岡地方裁判所は、犯行着衣とされた「5点の衣類」の血痕についての本田克也筑波大教授のDNA鑑定及び弁護側実施による血痕を付着させた衣類のみそ漬け実験の報告書等を、新規明白な証拠であり、衣類は警察による捏造(ねつぞう)証拠の可能性があるとして再審開始を決定した。死刑及び拘置の執行も停止して、袴田巌さんを47年7カ月ぶりに東京拘置所から釈放した。

 これに対して東京高裁は、本田鑑定の信用性も、みそ漬け実験の意義も否定したのである。

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1251文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです