メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

北朝鮮との拉致問題交渉 日朝首脳会談で真意探れ=小山由宇(政治部)

米朝首脳会談を受けて拉致被害者家族会のメンバーと面会する安倍晋三首相(右)=首相官邸で6月14日、藤井達也撮影

 非核化の期限や具体的手法について合意できず、ミサイル廃棄への言及もなかった。物足りなさが残った米朝首脳会談だが、それでも北朝鮮が対話のテーブルに着いた意味は大きい。この好機を生かそうと、安倍晋三首相も日本人拉致問題の解決に意欲を示している。「拉致は解決済み」と、かたくなな北朝鮮の姿勢は変わりうるのか。日朝首脳会談で北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の真意を確かめ、解決法を探るべきだ。

この記事は有料記事です。

残り1843文字(全文2044文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 18メートルの動く実物大ガンダム 10月1日横浜に立つ 山下ふ頭で1年間

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 高速道路で可搬式オービス運用 四国初 愛媛県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです