メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気象庁

「災害」人的被害も加味 命名ルール変更

 大規模な自然災害について、気象庁は新たに人的被害を基準に加えて名称を定める方針を決め、2日開催の交通政策審議会気象分科会に報告した。これまで同庁は家屋の被害棟数などを目安に決めていた。しかし近年は局地的な豪雨など、人的被害が大きいのに名称が付けられないケースが出てきたことなどを受け、14年ぶりに見直すことにした。

 これまでは地震で「全壊100棟以上」、豪雨で「損壊家屋1000棟以上、浸水家屋1万棟以上」などの被…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文569文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  2. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  3. 空自のF2戦闘機が墜落 搭乗の2人は救助 山口県沖
  4. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  5. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです