メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

ストック野菜をアレンジ

左からセロリのみそ漬け、ゴボウのしぐれ煮、ミョウガの甘酢漬け

 <くらしナビ ライフスタイル>

 気温や湿度が高く、食材が傷みやすい時期。少人数家族で余りがちな野菜にひと手間加え、ストックしておけば忙しい日に役に立つ。料理研究家の谷島せい子さんに、ストック野菜の作り方とアレンジメニューのレシピを教えてもらった。

 彩りの良いニンジンやセロリ、食物繊維が取れそうなゴボウ--。どれも健康に良さそうだが、メニューがマンネリになりがちだ。谷島さんは「野菜をたくさん食べている実感があると安心します。そのまま冷蔵庫に入れておくより、ひと手間かけたほうがおいしく保存でき、レパートリーも広がります」と勧める。

 まず、保存法として教わったのは、しょうゆ、みりんなどで味をつけた「しぐれ煮」。谷島さんのレシピは、…

この記事は有料記事です。

残り1866文字(全文2183文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 首相、韓国が「約束一方的に破っている」 日韓関係「信頼の問題だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです