連載

食・FOOD

季節や年中行事をテーマにレシピをご紹介します。

連載一覧

食・FOOD

ストック野菜をアレンジ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
左からセロリのみそ漬け、ゴボウのしぐれ煮、ミョウガの甘酢漬け
左からセロリのみそ漬け、ゴボウのしぐれ煮、ミョウガの甘酢漬け

 <くらしナビ ライフスタイル>

 気温や湿度が高く、食材が傷みやすい時期。少人数家族で余りがちな野菜にひと手間加え、ストックしておけば忙しい日に役に立つ。料理研究家の谷島せい子さんに、ストック野菜の作り方とアレンジメニューのレシピを教えてもらった。

 彩りの良いニンジンやセロリ、食物繊維が取れそうなゴボウ--。どれも健康に良さそうだが、メニューがマンネリになりがちだ。谷島さんは「野菜をたくさん食べている実感があると安心します。そのまま冷蔵庫に入れておくより、ひと手間かけたほうがおいしく保存でき、レパートリーも広がります」と勧める。

 まず、保存法として教わったのは、しょうゆ、みりんなどで味をつけた「しぐれ煮」。谷島さんのレシピは、薄味で煮つめる時間も短いので、一般的なつくだ煮ほど長期保存できないが、調理時間はかからない。薄味にするのが使い勝手を良くするコツで、「ちょっともの足りないくらいの味付けにしておくと和洋中を問わず使い回せます」と谷島さん。

この記事は有料記事です。

残り1756文字(全文2183文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集