メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

サッカー 決勝T1回戦 日本、余力持って決戦へ ベルギー戦

練習前、言葉を交わす西野監督(右)と本田=長谷川直亮撮影

 決勝トーナメントは2002年日韓大会、10年南アフリカ大会に続き、日本にとって3度目の舞台。今大会は決勝トーナメントを見据えて1次リーグを戦い、1次リーグ突破に重点を置いていた過去2大会とはアプローチの仕方が違った。

 1次リーグ3試合の先発メンバーは02年は9人、10年は11人全員が同じだった。これについて、西野監督は「全てを出し尽くした感があり、(決勝トーナメントで)チーム力に余力があったかどうか」と分析。10年大会に出場した長谷部(アイントラハト・フランクフルト)も「(過去の大会は決勝トーナメントに)到達するために、すごく…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです