国民栄誉賞

希望を被災地に 羽生選手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国民栄誉賞の盾を贈られた羽生結弦選手=首相官邸で2018年7月2日午前11時33分、宮武祐希撮影
国民栄誉賞の盾を贈られた羽生結弦選手=首相官邸で2018年7月2日午前11時33分、宮武祐希撮影

 2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪連覇を果たした羽生結弦選手(23)=ANA=に2日、国民栄誉賞が授与された。首相官邸で表彰式があり、安倍晋三首相から表彰状や盾が授与された。国民栄誉賞の受賞は27例目。スケート界では初めてで、個人としては最年少受賞。(スポーツ面に羽生選手の一問一答…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

あわせて読みたい

注目の特集