メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たしなみの文化考

/14 奈良大教授・上野誠さんの書 自分の「今」を閉じ込める

 <くらしナビ・カルチャー>

筆ペン駆使し自分流 書簡を年1000通以上

 万葉集の研究で知られる上野誠・奈良大学教授(58)は、年間1000通を超える毛筆の手紙をしたためる書の愛好家だ。「『右』と『左』という字は、1画目と2画目の書き順が違うでしょう」。そうでしたっけ、と目を泳がせる記者を横目に、筆の毛先を白い紙の上にサラサラと滑らせると、優美な崩し字が現れた。「『右』は左払い、横棒。だから横方向に伸びる。『左』は逆で、縦方向に伸びる。毛筆で書くと記号的な意味だけでない文字のいろいろな情報が分かる」。長年厳しい稽古(けいこ)を積まれたのかと思いきや、「本格的に習ったことはなくて、展覧会に出すような書ではない。言ってみれば素人。でもそれが大事なんです」。誰でもない自分が「今」という瞬間を生きた証しを、文字に込めるのだという。

 実は10年ほど前まで、書との縁はかなり薄かった。小学生の頃、地元の書道教室に通ったが2年でやめた。…

この記事は有料記事です。

残り1293文字(全文1708文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  4. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か
  5. みんなの広場 切り抜き読み返す「人間」=主婦・横井由美子・67

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです