メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たしなみの文化考

/14 奈良大教授・上野誠さんの書 自分の「今」を閉じ込める

 <くらしナビ・カルチャー>

筆ペン駆使し自分流 書簡を年1000通以上

 万葉集の研究で知られる上野誠・奈良大学教授(58)は、年間1000通を超える毛筆の手紙をしたためる書の愛好家だ。「『右』と『左』という字は、1画目と2画目の書き順が違うでしょう」。そうでしたっけ、と目を泳がせる記者を横目に、筆の毛先を白い紙の上にサラサラと滑らせると、優美な崩し字が現れた。「『右』は左払い、横棒。だから横方向に伸びる。『左』は逆で、縦方向に伸びる。毛筆で書くと記号的な意味だけでない文字のいろいろな情報が分かる」。長年厳しい稽古(けいこ)を積まれたのかと思いきや、「本格的に習ったことはなくて、展覧会に出すような書ではない。言ってみれば素人。でもそれが大事なんです」。誰でもない自分が「今」という瞬間を生きた証しを、文字に込めるのだという。

 実は10年ほど前まで、書との縁はかなり薄かった。小学生の頃、地元の書道教室に通ったが2年でやめた。大学時代に国語の教員免許を取る際も、「書道」を修める必要のある中学校教諭の免許は諦めた。

この記事は有料記事です。

残り1249文字(全文1708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです