メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイ洞窟

医師派遣、救出本格化 少年ら命に別条なし

 【チェンライ西脇真一】タイ北部チェンライ県のナロンサク・オソタナコーン知事は2日夜、6月23日から行方不明になっていた地元サッカーチームの11~16歳の少年12人と、男性コーチの計13人について、国立公園内の洞窟の中で生存を確認したと発表した。数人がけがをしているとの情報もあるが、少年らの命に別条はない。地元メディアによると、少年らにはゼリー飲料が届けられた。9日ぶりの「奇跡」にタイは喜びにわいている。

 タイ海軍は、少年らが避難している場所に医師を派遣し、応急手当てをした後に外部に連れ出す方針。しかし、海軍関係者は「少なくとも4カ月分の食料を運び入れたい」と述べ、救出作業の長期化を示唆した。

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 「グリー」出演女優の遺体を発見 米西部の湖で不明に 乗っていたボートには息子だけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです