メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

午前3時からの熱狂 列島が燃えた

盛り上がるサポーターたち=大阪市浪速区で2018年7月3日、平川義之撮影

 歴史的瞬間が見たい--。サッカー・W杯で日本代表初の8強進出がかかったベルギー戦。日本時間で午前3時のキックオフにもかかわらず、列島各地でサポーターたちは勝利を祈って声をからした。ロスタイムに逆転ゴールを奪われ勝利には届かなかったが、選手たちをたたえる声が相次いだ。

「ニッポン」コールの大合唱…大阪

 パブリックビューイング(PV)会場となった大阪市浪速区のライブハウス「Zeppなんば大阪」には、日本時間で3日午前3時のキックオフにもかかわらず、約800人が集まった。後半開始早々、原口元気、乾貴士が立て続けにゴールを決めると「ニッポン」コールの大合唱に。だが、ロスタイムに入ってベルギーに3点目のシュートを決められると悲鳴が上がり、頭を抱えてうずくまるファンの姿が見られた。

 試合終了のホイッスルが鳴り、涙ぐむ選手たちの姿が大型スクリーンに映し出されると、会場には大きな拍手…

この記事は有料記事です。

残り2500文字(全文2889文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです