メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

武田薬品

東京新本社で業務全面開始

全面的に業務を始めた武田薬品工業の新本社=同社提供
木材を多用しているのが特徴の武田薬品工業の新本社=東京都中央区日本橋で2日、横山三加子撮影

 武田薬品工業は2日、東京・日本橋の新本社での業務を全面的に始めた。新本社の名称は「武田グローバル本社」で、多国籍の従業員約1000人が働く中核拠点。同日の開所イベントでクリストフ・ウェバー社長は「ここが武田のホームだ。武田は東京に本社を持つグローバル企業であり続ける」と述べた。

     武田はアイルランドの製薬大手、シャイアーを約7兆円で買収することを決めており、ウェバー社長は「新本社には十分なキャパシティーがある」と買収による規模拡大にも自信を見せた。

     新本社は旧本社の約1キロ北で、歴史的に医薬品関連企業が多く集積するエリア。新本社は地下4階地上24階建てで、3月に完成した。総工費は約660億円。【横山三加子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
    2. まとメシ 寿司食べ放題店を潜入調査!寿司好きが満足できる、東京都内のおすすめ店を紹介!
    3. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    4. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
    5. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]