メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医薬品メーカー

化血研の新会社スタート

 国の承認と異なる方法で血液製剤を製造して業務停止命令を受けた医薬品メーカー「化学及(および)血清療法研究所」(化血研)は2日、新会社「KMバイオロジクス」に主要事業を譲渡し、熊本市北区の新会社で発足式が開かれた。

     新会社には明治グループが計49%、肥後銀行や再春館製薬所、熊本放送など地場7法人が計49%、熊本県が2%を出資。化血研の施設などはそのまま引き継ぎ、従業員約1900人が移る。社長は明治グループの医療医薬品メーカー「Meiji Seika ファルマ」の永里敏秋取締役が就いた。

     化血研は国の2015年の立ち入り検査で血液製剤の不正製造が発覚。国から110日の業務停止命令を受け、事業譲渡を求められていた。【中里顕】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
    2. まとメシ 寿司食べ放題店を潜入調査!寿司好きが満足できる、東京都内のおすすめ店を紹介!
    3. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    4. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
    5. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]