連載

消費税10% 生活どう変わる

10月1日に迫った消費税率引き上げでは、生活必需品の税率を現行の8%に据え置く軽減税率が初めて導入される。ポイント還元制度も実施されるため、対象商品の線引きや価格が複雑化する。

連載一覧

消費税10% 生活どう変わる

「還元セール」政府が解禁検討

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
消費税8%への増税を前に多くの買い物客でにぎわう松坂屋上野店の食品大特価市のコーナー=東京都台東区の松坂屋上野店で2014年3月22日、矢頭智剛撮影
消費税8%への増税を前に多くの買い物客でにぎわう松坂屋上野店の食品大特価市のコーナー=東京都台東区の松坂屋上野店で2014年3月22日、矢頭智剛撮影

 政府は、2019年10月の消費税率10%への引き上げの際、「消費税還元セール」の解禁を検討している。前回増税時に一斉に値上げが行われた結果、駆け込み需要が出た後の反動で消費が長期間冷え込んだため、セール解禁で消費の変動を和らげたい考えだ。ただ、増税後の値下げが中小企業へのしわ寄せにつながることを警戒する声もあり、懸念払拭(ふっしょく)などが課題となる。

 「税率引き上げの前後において、需要に応じて事業者それぞれの判断によって価格の設定が自由に行われることで、駆け込み需要・反動減が抑制されるよう、方策を具体的に検討する」。政府は6月15日に閣議決定した「骨太の方針」で、消費税増税時の景気変動対策として消費税還元セールの解禁検討を盛り込んだ。

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文980文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集