メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

11日から欧州・中東4カ国訪問

ブリュッセルで日EU経済連携協定に署名へ

 安倍晋三首相は2日の政府・与党連絡会議で、11~18日にベルギー、フランス、サウジアラビア、エジプトの4カ国を訪問することを明らかにした。欧州連合(EU)本部があるブリュッセルでは、日EU経済連携協定(EPA)に署名する。

     日EUのEPAが実現すれば、北米自由貿易協定(NAFTA)に匹敵する世界最大規模の自由貿易圏になる。首相は「アベノミクスの新しいエンジンになる」と協定締結の意義を強調。さらに「世界で保護主義の動きが広がる中、日本は自由貿易の旗手としてその旗を高く掲げ、今後も自由貿易体制を力強く推進していく決意だ」と語った。

     パリでは、日本博「ジャポニスム2018」の開会式に出席する。サウジアラビア、エジプトには、日本の民間企業関係者ら経済ミッションも同行する。【古川宗】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
    2. まとメシ 寿司食べ放題店を潜入調査!寿司好きが満足できる、東京都内のおすすめ店を紹介!
    3. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    4. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
    5. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]