メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東山動植物園

鳥インフルに勝った奇跡の水鳥2羽再公開へ

東山動植物園で5日から再公開されるマガモ=同園提供
東山動植物園で5日から再公開されるコクチョウ=同園提供

感染するも発症せず殺処分免れる コクチョウとマガモ

 東山動植物園(名古屋市千種区)は2日、2016年に高病原性鳥インフルエンザに感染したものの発症しないで健康状態に問題がなく、殺処分を免れた鳥2羽を「奇跡の水鳥」として再公開すると発表した。雌のコクチョウ(34歳)と雄のマガモ(7歳)で、5日午前10時半から園内の「古代池」に放つ。

     環境省は、飼育下にある鳥が鳥インフルエンザに感染した場合は原則殺処分とする指針を定めており、園は「健康を取り戻して復帰する鳥は国内では例がない」としている。

     同園では16年12月、4種13羽の鳥が鳥インフルエンザに感染し、殺処分した2羽を含め計10羽が死んだ。園は、発熱などの症状が出なかった残り3羽を園内の動物病院で隔離飼育しながら治療し、1羽は老衰で死んだが、完治した2羽は再公開することにした。

     園は鳥インフルエンザの感染源とされる野鳥の飛来を防ぐため、古代池やペンギン舎などに防鳥ネットを張った。17年12月には、感染しても別の施設に隔離できれば殺処分せず、治療するマニュアルを決めている。

     河村たかし市長は2日の定例記者会見で「災難を生き延びた奇跡の水鳥で、見れば希望も出ますよ」と述べた。【三上剛輝】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
    2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
    3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
    4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
    5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]