児童虐待

「児相と警察で情報の全件共有検討を」署名提出

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

目黒虐待死受け、NPO法人代表ら10万2505人分を

 東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が両親から虐待を受けて死亡した事件を受け、NPO法人代表らは2日、加藤勝信厚生労働相に対し、児童相談所(児相)と警察の間で虐待情報の全件共有の検討などを求める10万2505人分の署名を提出した。

 提出したのは、子育ての問題解決に取り組む認定NPO法人フローレンスの駒崎弘樹代表理事ら。政府が月内にまとめる方針の児童虐待防止対策に、警察と児相の全件共有のほか、児相の人員増強や里親の支援など「児童虐待8策」を反映させるよう求めた。6月からネット上で署名活動を展開してきた。加藤氏は「すぐ動けるものと時間をかけて検証するものに分けて対応していきたい」と述べた。

 児相に寄せられた情報をすべて警察と共有する全件共有は、愛知、高知、茨城県が実施している。厚労省は、児相や市町村が把握した虐待事案のうち、刑事事件として立件の可能性がある重篤事案などについて警察と情報共有するよう求めているが、全件共有には慎重だ。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文843文字)

あわせて読みたい

ニュース特集