メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カネボウ白斑訴訟

北海道の女性18人和解成立 札幌地裁

 カネボウ化粧品の美白化粧品を使って肌がまだらに白くなる白斑症状が出たとして、北海道内の30~60代の女性18人が同社に計約5億2000万円の損害賠償を求めた訴訟は2日、札幌地裁(武藤貴明裁判長)で和解が成立した。原告側の代理人が明らかにした。北海道内での和解は初めて。

 原告の女性らは同社が2008年に販売を開始し美白効果が…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 米国 大統領令を準備 独禁法違反で米、グーグルなど調査
  5. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです