メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・祇園祭

長刀鉾の長刀、室町時代の刀工の作と確認

長刀鉾保存会所蔵で1522年の長吉作と確認された長刀=京都国立博物館提供

「天文法華の乱」で略奪被害、刀鍛冶が買い戻す

 京都・祇園祭の長刀鉾(なぎなたほこ)の象徴として鉾の頂きに飾られた後、秘蔵されてきた長刀(全長147センチ、刃渡り114センチ)が、室町時代の刀工の作と確認されたと、京都国立博物館(京博、京都市東山区)が2日、発表した。長刀の由緒はこれまでも伝承されてきたが、柄を取り付ける茎(なかご)と呼ばれる部分の銘文を確認したという。この長刀は鍵のついた蒔絵(まきえ)の箱に収まり開封が戒められてきたが、初めて京博で9月から特別公開される。

 長刀を初めて学術調査した京博の末兼俊彦主任研究員によると、茎の表と裏に、1522(大永=だいえい=…

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文916文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. 富田林逃走 樋田容疑者、窃盗数十件を捜査へ 大阪府警
  3. 「10・19」30年 旧川崎球場にファンら200人
  4. 女の気持ち 命日のサンマ 札幌市中央区・堀川真弓(無職・68歳)
  5. 皇后さま84歳 陛下と静かに心豊かに 探偵小説楽しみに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです