メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪北部地震

高槻市、1.2m超の「公共」塀は全て撤去

ブロック塀が倒壊し女児が犠牲になった現場を調べる捜査員ら=大阪府高槻市で2018年6月18日、久保玲撮影

104の小中学校・施設対象 民間の80cm超は撤去費補助

 大阪北部地震でブロック塀が倒壊し、登校中の小学4年の女児(9)が死亡した事故を受け、大阪府高槻市は2日、市内の市立小中学校や公共施設にある高さ1.2メートルを超えるブロック塀を原則、全て撤去すると発表した。対象は計104の小中学校・施設に上り、今秋までの作業完了を目指す。

 建築基準法施行令は塀の高さを基本的に2.2メートル以下とし、1.2メートルを超える場合は「控え壁」…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです