メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪北部地震

高槻市、1.2m超の「公共」塀は全て撤去

ブロック塀が倒壊し女児が犠牲になった現場を調べる捜査員ら=大阪府高槻市で2018年6月18日、久保玲撮影

104の小中学校・施設対象 民間の80cm超は撤去費補助

 大阪北部地震でブロック塀が倒壊し、登校中の小学4年の女児(9)が死亡した事故を受け、大阪府高槻市は2日、市内の市立小中学校や公共施設にある高さ1.2メートルを超えるブロック塀を原則、全て撤去すると発表した。対象は計104の小中学校・施設に上り、今秋までの作業完了を目指す。

 建築基準法施行令は塀の高さを基本的に2.2メートル以下とし、1.2メートルを超える場合は「控え壁」…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文625文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです