メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
桂歌丸さん死去

「目つぶるまでが修業」 生涯噺家の矜持

酸素吸入器を付けて高座に上がる桂歌丸さん=東京都中央区で2017年3月23日、根岸基弘撮影

 「息の続く限り落語家として桂歌丸を見ていただきたい」。2日、81歳で亡くなった落語家の桂歌丸さんは、そう常々口にしていた。4月には酸素吸入器をつけながらも、東京・国立演芸場で1時間近い「小間物屋政談」をきっちり語った。最期まで現役を貫いた。執念の人だった。

 スターに押し上げたのが人気演芸番組「笑点」だった。人気と知名度を生かし、全国各地で落語を演じ、落語ファンのすそ野を広げた功績は計り知れない。一方で、「『笑点』の歌丸では終わりたくない。噺家(はなしか)の本分を見失っては、本末転倒」と繰り返していた。2…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです