メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桂歌丸さん死去

「目つぶるまでが修業」 生涯噺家の矜持

酸素吸入器を付けて高座に上がる桂歌丸さん=東京都中央区で2017年3月23日、根岸基弘撮影

 「息の続く限り落語家として桂歌丸を見ていただきたい」。2日、81歳で亡くなった落語家の桂歌丸さんは、そう常々口にしていた。4月には酸素吸入器をつけながらも、東京・国立演芸場で1時間近い「小間物屋政談」をきっちり語った。最期まで現役を貫いた。執念の人だった。

 スターに押し上げたのが人気演芸番組「笑点」だった。人気と知名度を生かし、全国各地で落語を演じ、落語ファンのすそ野を広げた功績は計り知れない。一方で、「『笑点』の歌丸では終わりたくない。噺家(はなしか)の本分を見失っては、本末転倒」と繰り返していた。2…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです