メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮想通貨

違法採掘に判決「巧妙な犯行、軽視できない」

仙台地裁 24歳被告に懲役1年、執行猶予3年

 他人のパソコン(PC)を使って無断で仮想通貨の獲得手段である「マイニング(採掘)」を行ったとして、不正指令電磁的記録(ウイルス)作成・同供用の罪に問われた兵庫県尼崎市の無職、安田成利被告(24)の判決公判が2日、仙台地裁であった。加藤亮裁判官は懲役1年、執行猶予3年(求刑・懲役1年)の有罪判決を言い渡した。

 加藤裁判官は「プログラミング知識・技術を悪用した巧妙な犯行で、社会的な影響は軽視できない」と指摘。…

この記事は有料記事です。

残り821文字(全文1048文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです