兵庫・小5女児自殺

「いじめが要因」第三者委が調査結果

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 兵庫県多可町の町立小学校5年の女子児童(当時10歳)が昨年5月に自殺した件で、町教委が設置していた第三者委員会は2日、「いじめが要因になった」とする調査結果を公表した。クラスの女子グループにいじめの加害者にも被害者にもなる流動的な層がおり、被害者が入れ替わりながら仲間はずれが繰り返し行われていた、という複雑な状況を明らかにした。一方、遺族は「報告書は娘にどのようないじめがあったのか分かりにくい」と再調査を求めている。

 女児は2017年5月1日夜、自宅で自殺を図り、翌日に死亡を確認。大学教授や弁護士、医師らで構成する第三者委「多可町いじめ問題対策委員会」が同年7月から調査していた。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文606文字)

あわせて読みたい

注目の特集