メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

ベルギーに逆転負け 8強ならず

【ベルギー-日本】逆転負けでベスト8を逃して肩を落とす本田(手前左)ら日本の選手たち=ロシア・ロストフナドヌーで2018年7月2日、長谷川直亮撮影

 【ロストフナドヌー(ロシア)大島祥平】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本は2日(日本時間3日)、ロストフ・アリーナで行われた決勝トーナメント1回戦でベルギーと対戦し、同点の試合終了間際に失点して2-3で敗れ、初のベスト8進出はならなかった。

 日本は後半3分に原口元気(ハノーバー)のゴールで先制し、その4分後には乾貴士(ベティス)のミドルシュートが決まって追加点を挙げた。だが、その後、ベルギーの猛反撃に遭い、同24分にフェルトンゲンのヘディングシュートで1点を返され、さらに5分後にはフェライニのヘディングシュートで同点に追いつかれた。そして試合終了間際の後半アディショナルタイムにベルギーの速攻から、シャドリにゴールを決められた。

 日本は香川真司(ドルトムント)、大迫勇也(ブレーメン)ら1次リーグ第1、2戦と同じメンバーが先発した。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング61位の日本に対し、ベルギーは3位。日本は1次リーグH組で2位となり、2大会ぶり3度目の決勝トーナメント(ベスト16)進出を果たしたが、2002年日韓大会、10年南アフリカ大会に続き、3度目の挑戦でも大きな壁を破れなかった。

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです