メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

平松 洋子・評『本日の高座 演芸写真家が見つめる現在と未来』橘蓮二・著

身ひとつで芸と人物に迫り話芸の神髄を写し出す

◆『本日の高座 演芸写真家が見つめる現在と未来』橘蓮二・著(講談社/税別1600円)

 その場に流れる空気の微細な揺れが、さざ波のように伝わってくる写真の数々。落語家、浪曲師、講談師、芸人……百四十人以上。大御所から新人まで、日本の演芸に関わるイキのいい人物が登場するのだが、それぞれの姿に見入るうち、じんわりと体温が上昇し、ただならぬ感覚を覚える。

 本書は、1995年から寄席演芸を撮り続けてきた写真家による入魂の一冊だ。冒頭は、自身の親友であり、…

この記事は有料記事です。

残り1287文字(全文1533文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 男逃走
  2. 東京・赤坂の飲食店員暴行「半グレ」上役か 容疑の男を逮捕
  3. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  4. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル
  5. 日本はデフレ 消費増税凍結しなければ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです