メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパスNOW

特別対談 東洋学園大・旦祐介学長 八塩圭子准教授 未来を拓く豊かな学び 

旦祐介学長(右)と八塩圭子准教授
旦 祐介(だん・ゆうすけ)学長 東京都出身。1980年東京大学教養学部卒業、82年米アマースト大学教養学部卒業。東京大学大学院総合文化研究科国際関係論専門課程博士課程単位取得満期退学。学校法人東海大学国際本部長、東洋学園大学副学長を経て現職

「主体的に学び、社会が求める国際人を養成します」 旦 祐介学長

八塩 圭子(やしお・けいこ)准教授 東京都出身。1993年上智大学法学部卒業。テレビ東京で経済部記者、アナウンサーを務めた後、独立。法政大学大学院経営学専攻修了。関西学院大学准教授、学習院大学特別客員教授を経て現職

「皆が生き生きと、前向きに変わります」 八塩圭子准教授

 国際化に対応する充実した英語授業と小規模大学ならではの面倒見の良さを特長とする東洋学園大学。今春、グローバル・コミュニケーション、現代経営、人間科学の全3学部と大学院を都心の東京・本郷キャンパスに集約し、通学・学習環境を整えて一層、飛躍しようとしている。4月に就任し、グローバル化とダイバーシティー(多様性)の2本柱を教育目標に掲げる旦祐介学長と、同大専任で現代経営学部の八塩圭子准教授に、大学の魅力や学びについて語ってもらった。

    先進的な英語教育とカリキュラム

     八塩圭子准教授 旦先生、いつもショール姿がダンディーですね。

     旦祐介学長 30歳までは学生に間違われないようネクタイをしていたんですが、学生のお父さんより年上になって近付きがたくなっていくので、工夫しようかと。実際に今、行っている新入生と学長との対話の授業では「そのショールはどこ製ですか?」との質問もあり、緊張を解くきっかけとしては成功しているかなと(笑)。

     八塩准教授 そうでしたか。私、ショールの似合う男性は、旦先生か中尾彬さんかと思っていますから(笑)。旦先生だけでなく、本学の全教員が学生との距離を縮めようとしていますよね。では、あらためて学長就任後の教育方針をお聞かせ下さい。

     旦学長 本学は歯科医養成の女子学校として始まり、第二次世界大戦前のピーク時には全学生の約25%が中国大陸や東南アジアからの学生で、早くからグローバル化されていました。その流れは短大、4大になっても引き継がれ、今でも英語は重視しています。

     もう一つはダイバーシティーです。車いすの学生には、みんなで自主的にサポートするなどしています。性別、年齢、人種などで差の出ない環境づくりに努めます。

     学生にはグローバル化する日本社会に溶け込み、多様な価値観を受け入れる能力を身につけてほしいです。

     八塩准教授 グローバル教育のフラッグシップが国際キャリアプログラム(ICP)ですね。

     旦学長 はい。ICPは入学時からほとんどの授業を英語で行い、2年生で海外大学への1年間の学部留学を目指します。卒業論文も英語です。1期生がこの3月に卒業し、商社、航空、IT関連の企業に就職しました。

     八塩准教授 英語教育では他大学に比べて全学部で1年生の英語の必修科目数が突出していて、大学の姿勢が分かるカリキュラムになっているように感じます。

     旦学長 現代経営学部でいえば、経営学入門の日本語授業と並行して、それに近い内容の基礎英語の授業をするなど「内容言語統合学習」を進め、将来的には専門と語学をリンクさせるカリキュラムにしたいと思っています。

     また、英検2級などの英語資格保持者を対象とした英語資格試験利用特別入試を今年度より実施していて、2019年度からは同入試の合格者の中でも、上位成績優秀者に対する特待生制度を拡充(授業料免除を2年間から4年間)します。

    「グローバル」「ダイバーシティー」教育に特色

    立地が良く幅広い体験

     八塩准教授 一方で今年、全学部・大学院が本郷キャンパスに集約され、フェニックス・チャレンジ・プログラムも始まりましたね。

     旦学長 集約により、学生は都会の楽しさ、アルバイトのしやすさ、就職活動や説明会への行きやすさを感じていると思います。集約されたからこそできる同プログラムは、複数の学部にまたがって勉強できる仕組みです。例えば、人間科学部のスポーツ好きの学生が、現代経営学部でスポーツクラブやプロチームの運営について学ぶ授業を履修するなど、学びの幅を広げられます。

     八塩准教授 通いやすくなったうえ、ケーススタディー(事例研究法)のメリットも大きいですね。産学連携している企業の本社に行ってプレゼンテーションできるのも立地の良さがあればこそです。学生にはなるべく教室の外に出て、現実社会との接点を持たせたいと思っています。現場に出ると、みんな目が生き生きと輝き、コミュニケーションの取り方もうまくなります。前向きに変われるんですね。大人数の一方的な授業では出来ない本学の規模だからこそ出来る授業ではないでしょうか。

     旦学長 私もできるだけ多くの学生を教室の外に出し、いろいろな体験をさせたいと思っています。八塩先生が言ったことは、本学の理念「時代の変化に応える大学」「国際人を育てる大学」「面倒見の良い大学」に深く関わっています。学生との距離の近い小規模大学であることが、学生の高いポテンシャルを引き出すことに貢献しています。そして、我々はそのポテンシャルに火を付けて、自分で人生を切り開いていこうとするお手伝いができていると確信しています。

    伸びる環境で明日の担い手に

     八塩准教授 全学年にある演習形式の授業で担任が決まっていますが、小規模大学なので教員が学生にワントゥーワンのケアが出来ます。新入生には学校になじむまで細かいケアをしますし、私は他大学で教えた経験がありますが、ここまでする大学はありません。だからこそ、学生の成長を親の目みたいな感じで見守れます。企業のみなさん、就職活動ではぜひ、成長した本学の学生をしっかり見て下さい!

     旦学長 人間科学部では、心理学、スポーツ科学、地域社会について学べます。心理学は、いろいろと悩みながら成長していく自分と専門が一致する分野です。公認心理師などの資格取得に対応していて人気があります。

     3学部それぞれに学生の将来を支えるカリキュラムをそろえています。我々は学生が教室の内外で体験的に学んで社会に飛び立てるように後押しします。入学時点で必ずしも英語が得意でなくても構いません。自分の人生を自ら切り開くためにチャレンジしていこうという気持ちが少しでもある学生を歓迎いたします。

    東京都文京区にある東洋学園大本郷キャンパス

    東洋学園大学(学校法人東洋学園)

    理事長 愛知太郎(あいち・たろう)

    学長 旦祐介(だん・ゆうすけ)

    創立者 宇田尚(うだ・ひさし)

    在籍者数 学部・大学院合計2543人(2018年5月1日現在)

    学部・学科構成

    ■グローバル・コミュニケーション学部

     グローバル・コミュニケーション学科/英語コミュニケーション学科

    ■現代経営学部 現代経営学科

    ■人間科学部 人間科学科

    ■ 大学院 現代経営研究科

    沿 革

    1926年 旧制・東洋女子歯科医学専門学校 創立 ※文部大臣指定校(女子初)

      50年 東洋女子短期大学 開学

      92年 東洋学園大学 開学

    2016年 創立90周年

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
    2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
    3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
    4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
    5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです