連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

デジタルアート 絶えず変化する映像美 「日本初」美術館が人気

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
デジタルアート作品「地形の記憶」の前に立つチームラボ代表の猪子寿之さん=西本勝撮影
デジタルアート作品「地形の記憶」の前に立つチームラボ代表の猪子寿之さん=西本勝撮影

 デジタルアートに特化した日本初の美術館が、東京・お台場に誕生した。作品を手がけるのは、デジタル技術を駆使して芸術作品を生み出す集団「チームラボ」。6月21日にオープンして以来連日、前売り券の完売が続き、現地での当日券発売がないほどの人気だ。何が訪れる人を魅了するのか。【小松やしほ】

 美術館の名称は「森ビル デジタルアート ミュージアム エプソン チームラボ ボーダレス」。

 照明を暗く落とした入り口から前方へ進み、まず足を踏み入れたのは「ボーダレス ワールド」というゾーン。そこは一面に極彩色の花が咲き乱れる空間だった。次々とつぼみが生まれ、成長し、開花しては散っていく。鑑賞者が立ち止まれば、その足元から新たな花がわくように咲き出し、歩き出すと散り始める。「花の森、埋もれ失いそして生まれる」という作品だ。作品空間の中には1年12カ月の花が12種類。自分の周囲でヒマワリ…

この記事は有料記事です。

残り1597文字(全文1985文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集