メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定型の窓から

「諷詠」三代の祇園祭=片山由美子

東山回して鉾を回しけり 後藤比奈夫

ころはよし祇園囃子に誘はれて 後藤立夫

 いよいよ夏本番。7月は祭(まつり)の季節である。春祭はその年の豊作や豊漁を祈願し、秋祭は収穫に感謝することから始まっているのに対し、夏祭は疫病や悪霊を退散させることが起源になっているものが多い。それだけ、昔は夏に疫病が流行し、人々を不安にさせたであろうことが想像できる。

 7月の祭といえば博多祇園山笠などもよく知られているが、一か月にわたって祭一色となる京都の祇園祭は、…

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1307文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです