メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定型の窓から

「諷詠」三代の祇園祭=片山由美子

東山回して鉾を回しけり 後藤比奈夫

ころはよし祇園囃子に誘はれて 後藤立夫

 いよいよ夏本番。7月は祭(まつり)の季節である。春祭はその年の豊作や豊漁を祈願し、秋祭は収穫に感謝することから始まっているのに対し、夏祭は疫病や悪霊を退散させることが起源になっているものが多い。それだけ、昔は夏に疫病が流行し、人々を不安にさせたであろうことが想像できる。

 7月の祭といえば博多祇園山笠などもよく知られているが、一か月にわたって祭一色となる京都の祇園祭は、…

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1307文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです