メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

ヤサイバー 唐沢太郎社長 手軽に新鮮な野菜を 直売所検索アプリ

農産物の直売所検索アプリを運営するヤサイバーの唐沢太郎社長=大阪市中央区で、加古信志撮影

 スマートフォンの位置情報を使い、現在いる場所から10キロ圏内にある農産物の直売所を探すアプリがある。名前は「YACYBER(ヤサイバー)」。手軽に自宅近くの販売所が見つかり、新鮮な野菜などを直接、買うことができるため主婦を中心に人気が広がり始めている。アプリと同じ名前の運営会社(大阪市中央区)の唐沢太郎社長(36)に、生産者と消費者との距離を縮める取り組みを聞いた。【聞き手・加藤美穂子、写真・加古信志】

この記事は有料記事です。

残り1342文字(全文1546文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです