メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市水道工事不正

掘削土、再利用ゼロ 試験偽装 工事費数億円過大か

FK法試験の不正方法

 大阪市発注の上水道工事で、最初に掘削した土の一部を埋め戻し材として再び使えば工事費が抑えられるのに、全く再利用されていないことが、市への取材で分かった。施工業者は掘削土を埋め戻せるか現場で試験をする決まりだが、複数の業者は取材に「再利用できないよう試験を故意に偽装し、利益を水増ししていた」と明かす。近年は市への再利用の報告は一件もなく、年間工事費が数億円過大だった可能性がある。【遠藤浩二】

 水道管を埋設して土を埋め戻す際、地下水が多く含まれた掘削土を使うと、地盤が弱くなる問題がある。市は掘削土の水分量を試験で調べ、再利用できない場合、値段が高い石灰入りの改良土を使うよう定めている。

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  3. ORICON NEWS 欅坂46、5年の活動に幕 “再改名” で再出発「相当な茨の道が待っていると思います」

  4. 藤井聡太七段が棋聖奪取 最年少タイトル獲得記録更新、17歳11カ月

  5. 元横綱・朝青龍「結婚することになりました」ツイッターで再婚報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです