メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

自転車キャンプ地誘致 前橋市と県競技連盟協力 覚書を締結 /群馬

 前橋市は2日、2020年東京五輪・パラリンピックの自転車競技の事前キャンプ地誘致に関し、県自転車競技連盟と協力して取り組む覚書を締結した。全国で数少ない屋内トラックを備えた「ヤマダグリーンドーム前橋」や赤城山周辺など自転車競技の練習に適した環境や、東京への近さをアピールし、海外チームの誘致を目指すという。

 市スポーツ課によると、市は昨年4月から自転車競技の誘致活動に取り組んでおり、今月中旬、強豪国のニュージーランドとベルギーの各自転車競技連盟が視察に訪れる。条件が合えば、事前キャンプ地として選ばれる可能性がある。前橋市は、市街地での自転車レース「まえばしクリテリウム」や市街地から赤城山頂付近まで坂道を走る「赤城山ヒルクライム」を開いており、「自転車のまち」をPRする。

この記事は有料記事です。

残り97文字(全文436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  5. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです