メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エネルギー基本計画

閣議決定 原発方針、評価分かれる 立地自治体首長 安全策や建て替えで /福井

 政府が3日閣議決定したエネルギー基本計画の改定は従来の目標を踏襲し、2030年度の発電電力量に占める原発の比率を20~22%に据え置いた。原発を巡る問題の解決に向けて国が主導的な役割を果たすとした一方、目標達成に要する新増設には触れられず、県内の立地自治体では首長の評価が分かれた。

 おおい町の中塚寛町長は「立地地域の課題…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文349文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです