メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パンの「セレクトショップ」

滋賀の名パン大集合 毎日、琵琶湖半周して仕入れ 大津・パルコ跡 /滋賀

できたてのパンを運ぶ西村哲司さん=大津市打出浜の「ボナペティ」で、諸隈美紗稀撮影

 県内各地のパン屋の自信作を集めた、パンの「セレクトショップ」で地元を盛り上げようと奮闘する店が大津市にある。昨年8月末で閉店した大津パルコの跡地に、今年4月に開業した商業施設に入店する「Bon App〓tit(ボナペティ)」だ。パルコ撤退に象徴されるように、全国各地で地方都市の衰退が深刻化する中、経営する西村哲司さん(44)は「パンで滋賀を元気にしていきたい」と意気込む。【諸隈美紗稀】

 チーズケーキで有名なケーキ屋が開発した、クロワッサン生地の中にマロンを入れ、上にアーモンドをかけて香りを高めたパン。コッペパンが話題のパン屋が出品したチーズブレッド。塩大福の専門店がつくる、こだわりのあんパン……。県内各地の、その店でしか食べられないパンが、商業施設「Oh!Me(オーミー)大津テラス」に入居するボナペティの店頭に並ぶ。ラインアップは県内20店舗、80種類以上に上る。

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1366文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いきものと生きる バッタ 海を渡る=五箇公一

  2. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  3. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  4. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです