メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市

同性カップル、公的に認定 証明制度スタート 宣誓書受領証、交付へ /大阪

同性カップルに配布するカード型の宣誓書受領証。複数のデザインから選ぶことができる=大阪市提供

 大阪市は6月27日から、同性カップルをパートナーとして公的に認める「パートナーシップ宣誓証明制度」の受け付けを始めた。既に数組の申し込みがあり、9日から宣誓書受領証を交付する。

     同様の制度は札幌市や福岡市など7自治体が導入している。大阪市でもLGBTなどの性的少数者を支援する団体の要望を受け、導入を検討していた。当事者の意見を踏まえ、カップルの片方が市内在住であれば申請を可能としたり、カード型の受領証デザインを複数用意したりした。

     吉村洋文市長は記者会見で「行政が同性カップルを公的に認めることで、当事者の自己肯定感につながる。社会の理解が深まるようにしていきたい」と話した。

     市は今後、原則として親族だけが入居できる市営住宅に同性カップルが入居できるようルール変更することや、性的少数者に配慮した取り組みを広げるため、民間企業向けにガイドラインを策定することなどを検討する。

     申請に関する問い合わせは市人権啓発・相談センター(06・6532・7631)。【真野敏幸】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
    2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
    3. 質問なるほドリ 画像診断、がん見落としなぜ? 病院チェック態勢不備 医師連携不足も=回答・熊谷豪
    4. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
    5. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]