メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

復興へアイデア次々、県立大生がまちづくり提案 益城 /熊本

 熊本地震で大きな被害を受けた熊本県益城町安永地区のまちづくりに若者の柔軟な発想を生かそうと、熊本県立大生によるまちづくり提案の発表会が同地区であり、住民が耳を傾けた。

 提案したのは同大居住環境学科の3年生約40人。6月6日と13日に8班に分かれて地区内を歩いてフィールドワークし、その結果を基に提案…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです