メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『週刊少年ジャンプ』 中野博之・編集長

「子供たちの人生のためになる漫画を与えていきたい」という中野博之編集長=木村滋撮影

 (集英社・毎週月曜日発売、270円)

「読者第一」伝統を守る闘志

 1968年7月創刊、今年50周年を迎えた「週刊少年ジャンプ」は今も少年漫画誌の発行部数トップ。コミックスの売り上げも大きく、出版界全体を支えるような存在だ。第11代編集長、中野博之さんは、ソフトな口調の中に「ジャンプ」の伝統を守る闘志と、子供好きの素顔を見せた。【志摩和生】

 「編集長になった時、ジャンプをどう変えたいですかとよく聞かれましたが、私には変えられません。ジャン…

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1139文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  4. 82歳暴行死「慕われていたお父ちゃんが…」憤る遺族
  5. 新皇后さまの横顔…動物、スポーツ好き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです