メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『週刊少年ジャンプ』 中野博之・編集長

「子供たちの人生のためになる漫画を与えていきたい」という中野博之編集長=木村滋撮影

 (集英社・毎週月曜日発売、270円)

 1968年7月創刊、今年50周年を迎えた「週刊少年ジャンプ」は今も少年漫画誌の発行部数トップ。コミックスの売り上げも大きく、出版界全体を支えるような存在だ。第11代編集長、中野博之さんは、ソフトな口調の中に「ジャンプ」の伝統を守る闘志と、子供好きの素顔を見せた。【志摩和生】

 「編集長になった時、ジャンプをどう変えたいですかとよく聞かれましたが、私には変えられません。ジャンプを変えられるのは読者だけ」と中野さんはきっぱり言う。

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1139文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3Dプリンターで防護具 大阪大チーム作製 新型コロナ対策

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  4. 新型コロナ 福岡市で1人死亡、新たに15人感染 市長「感染拡大警戒地域に移った」

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです