メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療構想

病床再編目指す 「削減前提」反発強く 対応決めた医療機関1%未満

 病院ごとの役割を明確化し、全体で病床数を減らす「地域医療構想」がなかなか進まない。政府は、医療費などの社会保障費が膨らみ、医療従事者の人手不足も懸念される2025年を医療の効率化で乗り切ろうとするが、「削減ありき」のため地域の反発も大きい。【酒井雅浩】

25年の必要数推計

 「公立病院ですら地域の実情や政治に左右され、病床の再編は容易でない。将来の推計で余るからといって、民間病院に病床数削減の要請なんてできるのか」。ある自治体の担当者はため息をつく。

 地域医療構想は、都道府県が高齢化率や患者の傾向を踏まえ、25年の医療需要や病床数を推計、その上で、…

この記事は有料記事です。

残り1869文字(全文2145文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  3. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  4. アップル 「iPhone」 XSと最上位機種Max発売
  5. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです