メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第6局の3

前例を離れる 観戦記・椎名龍一

 羽生の2手目[後]6二銀の余韻がまだ冷めやらない中、佐藤康光九段に感想を求めてみた。「びっくりしましたね。まさか名人戦の大舞台でこの手が出てくるとは思ってもみませんでした。第4局で羽生さんは横歩取りに誘導したのですが、その将棋の内容がよくなく、本局は後手番の作戦が難しかったのかもしれません」という感想だった。

 一昔前なら2手目[後]6二銀は驚くべき指し手だったが、コンピューター将棋の影響からか、現代将棋はこ…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文654文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです