特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第6局の3

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

前例を離れる 観戦記・椎名龍一

 羽生の2手目[後]6二銀の余韻がまだ冷めやらない中、佐藤康光九段に感想を求めてみた。「びっくりしましたね。まさか名人戦の大舞台でこの手が出てくるとは思ってもみませんでした。第4局で羽生さんは横歩取りに誘導したのですが、その将棋の内容がよくなく、本局は後手番の作戦が難しかったのかもしれません」という感想だった。

 一昔前なら2手目[後]6二銀は驚くべき指し手だったが、コンピューター将棋の影響からか、現代将棋はこれまでの常識を覆す指し手が多く見られるようになった。また人間同士の対戦では、相手の研究を外すという実戦的な側面が有効に働く時代なのかもしれない。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文654文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集