ロシアW杯

サッカー 決勝T1回戦 スウェーデン、準々決勝進出

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <Russia 2018 WorldCup>

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会は第18日の2日、決勝トーナメント1回戦が行われ、日本(1次リーグH組2位)が、ベルギー(G組1位)に2-3で逆転負けを喫した。アジア勢では、1966年イングランド大会の北朝鮮、2002年日韓大会の韓国以来、3度目の8強入りを逃した。ベルギーは2大会連続で準々決勝進出。

 国際サッカー連盟(FIFA)によると、決勝トーナメントで0-2から逆転勝ちしたのは、70年大会で西ドイツ(当時)がイングランドを延長の末に3-2で破って以来で、ベルギーは48年ぶりの逆転勝利を挙げた。6度目の優勝を狙うブラジル(E組1位)はメキシコ(F組2位)に2-0で快勝し、7大会連続でベスト8に進んだ。

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文451文字)

あわせて読みたい

注目の特集