メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

是正勧告

大東建託に 長時間労働、強制/「給料泥棒」と叱責

 賃貸マンション運営大手「大東建託」(東京都)の神奈川県内の支店が、20代の男性社員(当時)に労使協定(36協定)を超える長時間労働をさせたとして、川崎北労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが明らかになった。男性と、男性が加入する「ブラック企業ユニオン」が3日、記者会見し、長時間労働の強制や残業時間の過少申告、パワハラの実態についても証言した。

 同ユニオンによると、男性社員が営業職として働いていた支店は、36協定で残業時間の上限を70時間(繁忙期は80時間)としていた。労基署は、営業職だった男性社員が2017年10月に協定違反となる約100時間の残業があったと認定し、今年6月4日付で是正勧告した。約10万円の未払い賃金も指摘した。

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 賭けマージャン「黒川氏と同レート」の自衛隊員は「停職」 法務省「参考にせず」

  2. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  3. 砥部焼でアマビエ にっこり表情豊かに 愛媛の絵付け職人「和んでほしい」

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです