メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡・IT講師殺害

「犯行声明」認める 容疑者「ネットリンチ許せず」

 福岡市中央区の起業支援施設で東京都江東区の情報セキュリティー会社員、岡本顕一郎さん(41)が刺殺された事件で、事件直後にネットの匿名ブログに書き込まれた「犯行声明文」について、殺人容疑などで逮捕された福岡市東区の無職、松本英光容疑者(42)が「自分が書いた」と供述していることが3日、関係者への取材で判明した。

     事件は6月24日に起き、同日夜、松本容疑者が交番に出頭する約20分前には、匿名ブログに「俺を『低能先生です』の一言で笑いながら通報してきたお前らへの返答だ」などの投稿があった。

     関係者によると松本容疑者は、ネット上で「低能」「ゴミクズ」などと他のユーザーを中傷する書き込みをして「低能先生」と呼ばれていた人物は「自分だ」と説明し、出頭前の投稿も認めているという。

     岡本さんを襲撃した理由については「ネットリンチ(私刑)が許せなかった」という趣旨の供述をしていることも明らかになった。

     実際、松本容疑者が執拗(しつよう)に中傷していたのは、ネット上の特定の有名人らを非難するような書き込みをするユーザーに集中していたようだ。ただ福岡県警によると、岡本さんが「Hagex(ハゲックス)」のハンドルネームで投稿する自身のブログなどでは、「ネットリンチ」に相当するような発言は確認されていない。

     岡本さんは、自身のブログで「低能先生」の書き込みを非難し、匿名ブログの運営会社にアカウントを凍結するよう求めたことを明らかにしていた。県警はこうした経緯から、松本容疑者が岡本さんに一方的に恨みを募らせたとみて調べる。【柿崎誠、石井尚】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
    2. こころの天気図 暑さが招く精神不調=東京大教授、精神科医 佐々木司
    3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    4. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
    5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]