メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

半分、青い。

トヨエツ自ら提案 秋風の“涙”に視聴者感動 早くも「秋風ロス」広がる

NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」第81回のワンシーン (C)NHK

 永野芽郁さん主演のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」は4日、第81回が放送され、自分の限界を悟ったヒロインの鈴愛(永野さん)がマンガ家をやめて、秋風ハウスを去っていく姿が描かれた。弟子たちを前にし、これまで何度も熱い「創作論」や「人生訓」を繰り広げ、時に父性さえも見せてきた秋風(豊川悦司さん)による「最後の秋風塾」も繰り広げられ、視聴者の涙を誘った。

 秋風は、「私は飛べない鳥です。これ以上、先生を邪魔する気はない」と目に涙を浮かべながら告げる鈴愛に「邪魔された覚えはないぞ。お前は、お前たちは、ボクテや楡野や小宮は、私の人生を豊かにした……」「人間嫌いの私が、何とか、何とかお前を、何とかしたいと……」「そんなふうに、自分を見捨てないでくれないか。お前は、俺の弟子だ」と思わず本音を吐露。それでも鈴愛の意志が固いことが分かると、秋風は「マンガ家を、やめたらいいと……思います」と目を伏せたまま伝える……という展開だった。

 さらに秋風は菱本(井川遥さん)を介して、自身のマンガ(実際はくらもちふさこさんの作品)「いつもポケットにショパン」「A-Girl」「海の天辺」の生原稿を鈴愛ら3人の弟子に送ると、オフィス・ティンカーベルを象徴する壁のイラストに三羽の鳥が羽ばたく絵と女性の左目に“涙”を描き、自分の気持ちを表現。この秋風の行動は、もともとは台本になかったシーンといい、役を演じた豊川さん本人の提案により実現した。秋風が“サングラスを外した姿”も披露された。

 放送後から「朝からうるっ」「朝からめっちゃ泣いた」「号泣」「今日こそ神回」のほか「秋風せんせい~(泣)」「秋風先生、最後なの?」「秋風先生もう出ないの?」「寂しい……」などと言った声が上がり、早くも秋風ロスが広がっている。

 「半分、青い。」は、大ヒットドラマ「ロングバケーション」(フジテレビ系、1996年)などで知られ、“恋愛ドラマの神様”の異名も持つ北川悦吏子さんのオリジナル作品。1971年に岐阜県で生まれ、病気で左耳を失聴したヒロイン・鈴愛(すずめ、永野さん)が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、一大発明を成し遂げるまでの物語。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです