台風7号

日本海を北東へ進む 5日午後は北日本に接近

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 気象庁によると、台風7号は、4日午前3時には山口県萩市の北北西約140キロにあって、1時間におよそ25キロの速さで北東へ進んでいる。中心の気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。

 台風は勢力を弱めて日本海を北東へ進み、4日夜までに温帯低気圧に変わるが、強い風を伴って5日午後は北日本に接近する見込みだ。また、北日本には前線が停滞し、5日にかけて活動が活発する。

 西日本は、台風周辺の発達した雨雲から抜けたが、台風に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、西日本や東海地方の太平洋側を中心に激しい雨が降っている。また、前線の停滞する北海道地方では、激しい雨が断続的に降っている。

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文883文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集