兵庫

姫路城下町跡に半地下式かまど 造り酒屋の可能性

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
兵庫県姫路市内で初めて発見された半地下式の3基連基式のかまど=姫路市五軒邸1で2018年7月3日午前10時39分、待鳥航志撮影
兵庫県姫路市内で初めて発見された半地下式の3基連基式のかまど=姫路市五軒邸1で2018年7月3日午前10時39分、待鳥航志撮影

 兵庫県姫路市埋蔵文化財センターは3日、姫路市五軒邸1の姫路城城下町跡の発掘調査現場で、17~18世紀後半の半地下式のかまどが初めて見つかったと発表した。造り酒屋が並んでいた可能性があるという。

 調査現場は姫路城東側の城門の一つ「内京口門」の東約70メートルにあり、同センターが今年4月から調査してきた。遺構面が3層あるといい、最上層は19世紀から近代以降のもの。半地下式のかまどが見つかったのは2層目で、3軒の町家があり、それぞれの…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

あわせて読みたい

注目の特集