メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

対北朝鮮、制裁緩和を模索 経済支援を協議か

 【北京・浦松丈二】中国が対北朝鮮制裁の緩和に向けた外交攻勢を活発化させている。米国の異議で実現しなかったが、6月末には国連安全保障理事会の制裁緩和を求める報道機関向け声明案をロシアと共に安保理に配布。中朝間の実務者レベルでは、北朝鮮の具本泰(ク・ボンテ)・対外経済省次官の訪中を受け入れ、非核化に伴う制裁緩和を視野に入れた経済支援を協議している模様だ。

 中朝関係筋によると、具氏は2日午前、平壌から北京の空港に到着。具氏は経済代表団を率いて訪中したこともある中国通とされる。中国外務省の陸慷(りく・こう)報道局長は同日午後の定例記者会見で訪中情報の確認は避けたが、一方で「中朝は友好的な隣国であり、各レベル、各分野において正常な往来を維持している」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです