メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
川崎北労基署

長時間労働 大東建託に是正勧告

 賃貸マンション運営大手「大東建託」(東京都)の神奈川県内の支店が、20代の男性社員(当時)に労使協定(36協定)を超える長時間労働をさせたとして、川崎北労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが明らかになった。男性と、男性が加入する「ブラック企業ユニオン」が3日、記者会見し、長時間労働の強制や残業時間の過少申告、パワハラの実態についても証言した。

 同ユニオンによると、男性社員が営業職として働いていた支店は、36協定で残業時間の上限を70時間(繁…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文593文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです