メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域創生に大切な若者の躍動

 今年5月、茨城県つくばみらい市の一般社団法人茨城南青年会議所主催の講演会に講師として招かれた。同青年会議所は3市1町(取手市、守谷市、つくばみらい市、利根町)の若手経営者等で構成され、メンバー約100人が地域創生や自己錬磨のために活動している。

 つくばみらい市は茨城県南西部で、東京都心から約40キロ圏内の地理的に好条件と、緑と水の豊かな自然に恵まれているまちだ。つくばエクスプレスの開通により都市機能が拡充し、首都近郊都市として発展し続けている。人口は6月1日現在で5万558人。

 また、同市内には首都圏内で唯一の時代劇ロケが可能な「ワープステーション江戸」、関東三大不動尊「板橋…

この記事は有料記事です。

残り1408文字(全文1713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 安倍首相 在職歴代最長達成 お膝元・下関で祝福行事 横断幕や写真展、三原じゅん子議員の街頭演説会も

  5. SNSで知り合った少女と性行為 県条例違反で略式命令 男性教諭を懲戒免職 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです