メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・発信

永野和行・鹿児島県肝付町長

永野和行氏

再生可能エネで電力を地産地消

 肝付町は、町土の約8割が森林で豊かな自然に恵まれています。この自然に由来した太陽光、風力、水力などの再生可能エネルギーを活用するため、昨年1月に福岡県みやま市と共同で新電力株式会社「おおすみ半島スマートエネルギー」を設立しました。町内の再生可能エネルギー発電事業者から電力を買い取り、町内外に小売りすることで、電力の地産地消と、利益の一部を住民サービスに充てることにしています。

 また、イプシロンロケットや小惑星探査機「はやぶさ」が打ち上げられた宇宙航空研究開発機構(JAXA)…

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1221文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです