メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

国際サンゴ礁年 海の生態系、自然資源の保全を

高水温に適しているとみられるサンゴ群集=パラオのニッコー湾で、中村崇さん提供

再生に向け与論島で実証実験 パラオでは共同研究

 今年はサンゴ礁生態系保全の国際協力の枠組みである「国際サンゴ礁イニシアティブ」が呼びかける「国際サンゴ礁年」。地球温暖化による海面の高水温や生活排水などで危機に直面するサンゴ礁の再生は、海の生態系を守るためにも急務となっている。

 サンゴ礁にダメージを与える原因の一つとみられているのが海の「富栄養化」。東京農業大学と琉球大学、環境団体などでつくる合同チームは、サンゴ礁海域にある島々で農業に使われる化学肥料との関連を調べようと鹿児島県の与論島で実証実験を行っている。

 海の「富栄養化」は海中の窒素やリンなどの栄養物が過剰になることだ。そこで東京農大の中西康博教授(5…

この記事は有料記事です。

残り2287文字(全文2594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

  5. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです