メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

エネルギー基本計画 再生エネ拡大の長期的道筋示さず

再生可能エネルギーを主力電源にすることができるか。福島県飯舘村に設置されたメガソーラー=2018年3月4日

従来の電源構成目標を維持 「脱炭素化」実現に疑問

 政府の「エネルギー基本計画」の改定案がまとまった。再生可能エネルギーについては、今世紀半ばに向けて「主力電源化」する方針を新たに打ち出したが、導入拡大の長期的道筋は示さなかった。原発については「依存度を可能な限り低減する」としつつ、「重要なベースロード電源」として活用する現行計画を踏襲した。その結果、2030年時点の再生エネや原発の電源構成は従来目標が維持されることとなり、大胆さや新味に欠ける内容となった。

 地球温暖化対策の新枠組み「パリ協定」が16年に発効し、世界が再生エネの導入に大きく舵を切る中、エネ…

この記事は有料記事です。

残り2225文字(全文2505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の死者26人に 厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

  5. 大阪・箕面市がテレビ朝日に抗議 滝の水「トンネル掘ったら少なくなった」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです