メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

ダメAIは良き相棒!? 無駄にブレーキ、運転注意/けんか仲裁、理屈より冗談で 米エール大研究

 米エール大学があえてトラブルを引き起こす人工知能(AI)の研究を進めている。優れた知能がAIの強みとされてきたが、人間を困らせる「ダメなAI」が人間の行動に変化を与え、より良い結果を導くことがあるという。人気アニメキャラクターのドラえもんが完璧でないからこそ、のび太君が奮闘する場面が生まれるように……。【ニューヘブン(米東部コネティカット州)で清水憲司】

 研究しているのは、米タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた経験を持つ同大ネットワー…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1070文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 「浴槽放置でゲームの時間でき好都合」乳児死亡容疑の父
  5. 「もはや詐欺的だ」語気強めるオーナー レオパレス問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです