メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

朝吹真理子 時空を超える詩的表現 7年ぶり新刊「TIMELESS」

作家の朝吹真理子さん=東京都新宿区の新潮社で2018年6月26日、大原一城撮影

 作家の朝吹真理子さん(33)が、新作長編小説「TIMELESS」(新潮社)を刊行した。2011年に前作「きことわ」で芥川賞受賞以来、「ずっとこの小説を書くことに向き合ってきて、それだけの時がたっていた」といい、7年ぶりの新刊になった。恋愛感情のない一組のカップルを中心に、400年前の過去や2035年の未来が折り重なる物語。時空を超える詩的でやわらかな言語表現は、広がりを増している。

 「カップルの後ろ姿が見えていた。『TIMELESS』という言葉と、屏風(びょうぶ)絵のイメージもあ…

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1063文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  3. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  4. Hey! Say! JUMP有岡さん「アイドル界の池上彰さん目指す」 新連載で
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです